FC2ブログ
きまぐれにつづったヒトリゴトです。 お暇な時間のお供にどうぞ‥

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の夢
父が亡くなって1年半があっという間に過ぎた。
この一年半の間、私は仕事を始め、生活リズムが大きく変わった。
慌しく過ぎていく毎日・・寂しさも徐々には癒えたが、ずっと気にかかっていたことが一つ。
父が亡くなってから、私は、父の夢を全く見たことがなかった。
いつも心には、父がいるのに・・ふとした事で父のことをすぐに思い浮かべるのに、全く夢には出てこない。
なんでだろう・・夢でいいから、話したいこといっぱいあるのに…。
そうずっと思っていた。

そんなある日、初めて父の夢を見た。

  夢の中の父は、生前のまま・・夢の中の私も、母も、普通に父に接している。
  場所は・・・どこだかよくわからないけど、昔から(多分子供の頃から・・)
  夢でよく見るなんだか懐かしい場所。
  夢の中の父は、当たり前にしゃべり、当たり前に車の運転をしている。
  私と母を乗せた車は、その懐かしい場所を通り過ぎ…
  いつの間にやら、家へ到着。
  父は、じゃあ行くから・・と、私を降ろし、母と二人で車で去って行った。
そこで目が覚めた私。
ぼうっと、父の事を思い起こし、どんな夢だったか・・一語一句思い出そうとした。
どんな会話をしただろう・・たいした会話はしてない。
普通の会話・・そう、生きていた頃にしていた普通の会話。
いっぱい話したいことがあったのに・・っておきてから思ったけど、でも、夢の中の父は、いつもの父。
あまりおしゃべりな方じゃなかったし、普段の口数の少ない父・・それが無性にうれしかった。
夢の中には、生前のままの当たり前の日常があって、実家に行けば、また当たり前に会えるような錯覚すらおぼえた。

また、夢でいいから会いたい。
次こそ、私の話、いっぱい聞いてね。
目で笑いながら、うんうんって聞くいつもの父の姿に、きっとまた会えるよね。
スポンサーサイト
Copyright © ヒトリゴト・・. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。