FC2ブログ
きまぐれにつづったヒトリゴトです。 お暇な時間のお供にどうぞ‥

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムカデ
私の大嫌いなもの・・ヘビ、ミミズ、トカゲ、そして最も嫌いなのがムカデ。
実家は、竹やぶが近くて、毎年梅雨の時期から秋までの4~5ヶ月はムカデ要注意の時期だ。
まだ実家で生活していた頃は、夜寝る前に、いつも「どうか部屋に出ませんように・・・」と願いつつベッドに入ったもんだ。
と言うのも、私の弟がまだ小学生の頃、夜何やら指に違和感を覚えて目を覚ますと、その指には・・・。
なんと! ムカデが巻き付いていたらしい。
もちろん、振り払った瞬間にムカデに刺され・・その痛みと言ったら・・・相当なもんだったらしい。
怖さを知っているだけに・・っていうのもあるけど、そのグロテスクな風貌・・
まあ、得意な人はまずいないか・・・。

そんな苦手なムカデ・・そのムカデに血の気の引くような思いをしたことのある私。
結婚前、実家から通勤していたある朝のこと、その日は、朝から雨で、駅行きのバスが定刻を過ぎても来ない。
このままでは、JRにも乗り遅れてしまう。
しょうがない、最後の手段・・一旦家に戻り、車で新幹線の駅へ行った私。
在来線のJR駅と新幹線の駅は、5Kmほど離れており、家からは全くの別方向・・
車の駐車代は一日停めて当時1000円とお金はかかるけど、
乗車券は定期券が使えるので、800円ほどの特急代の追加料金で済む。
でも、さすが新幹線・・余裕で広島駅に着いて、ホッと一安心。
そこから、またバスに乗り、職場へ・・と、そこで大事件が起きた。
いつもはさほど込まないバスも、その日は雨の為か、ほぼ満席状態だった。
傘を前の席の持ち手に掛け・・・何気に傘を見ると・・・・・なんと傘の柄からツツ・・とムカデがよじ登ってくるではないか!!
ヒエェ~~~~しかも、全長10cmは裕にあるヤツ・・
その瞬間以降のことは、あまり覚えてない私。
隣の勇敢な女性が柄から振り落としてくれたまでは覚えてるんだけど、どこかの男性が踏みつけてくれたような・・
自分で踏んだような(果たして私にそんなコトが出来たか??)
間もなく私の降りるバス停に着いた。
その後、そのムカデがどうなったものやら。。。

ムカデがツツ・・と傘の柄をよじ登ってきたのは、確かに怖い出来事だけど、
後から考えて、もっと怖かったのは、あの雨の中、ムカデが入り込んだ傘を私が差していたってこと。
家を出た時から、ヤツはずっと私のすぐ頭上に潜んでいた。
いつもなら、ものすごいスピードで這い回るヤツが、落ちることなく傘の中に・・。
いつ私の頭や肩、最悪、服の中に落ちて来てもおかしくない状況だった。
今考えただけでも、ぞっ~~~とする。
さて、傘に潜んでいたムカデ・・この事件を思い出すきっかけになった出来事がある。
それは・・・
数ヶ月前のある朝、隣に住む友人が、携帯から電話を掛けてきた。
か細い声で、すぐに来て~と。。。
まあ、マンションだから、玄関出てすぐ隣が友人宅。
友人いわく、玄関に置いたおいた子供の傘をしまおうとしたら、中からゴキブリが出てきたのだとか。

彼女が大の苦手とするそのゴキは、こともあろうに、自分の方へ飛んできて・・・
必死に振り払い、殺虫剤をこれでもか~~というぐらい吹きかけたらしい。
そのゴキ、玄関の吐き出し口まで逃げたものの、ついにそこで動けなくなったとか。
もう、これ以上のことは出来ない・・という彼女。
ムカデ嫌いの私だけど、ゴキブリは、実は実家にはいない虫だった為、まじと見ることも滅多になく・・・。
私にとってのゴキブリは、まあ言うなれば、蚊がちょっと大きくなったような存在。
私は、広告を数枚手にして、そのゴキを玄関の外に追いやり、
放っておけば時間が経てば死ぬだろうなって思ったんだけど、彼女が見たらまた怖がるしなぁ~と、
その広告の間に挟みこんで、迷うことなく履いていたサンダルで踏みつけた。
なんて勇敢な私・・って言うかザンコク??

マンション生活は、とっても快適♪
上階のため、蚊は滅多に飛んでこないし、何よりムカデがいない!!
もし、マンションがムカデが出る環境に変わってしまったら・・・
考えたくないけど、防虫や駆除のため、悪徳業者であっても、あっさり任せてしまうだろうなぁ~。
スポンサーサイト
Copyright © ヒトリゴト・・. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。